北野天満宮   菅原道真公と参道にすわりこんだ十体の牛

 

f:id:kouhei-s:20181020194526j:plain

 

参道にいる撫で牛は座り込んでいる

日本の神社は、古来より巨木の繁るうっそうとした森に囲まれた場所にあったので、必ず神の使いの動物がいました。これは日本の「神道」の原型といわれています。

北野天満宮では牛の信仰があり、そこから派生して撫で牛が生まれ、参道には対になっている二対四体を含めて大小十体の牛像が置いてあります。そしてこれらの牛たちは、身体を本堂の方に向けて座り込んで臥しています。

ふつう神社の狛犬・キツネ・鳩・猿などは立っているか、いつでも動きだせる姿で座っています。身体の向きも参拝者の方を向いています。北野天満宮の牛たちが本堂(逆?)を向いて、座り込んで臥しているのには理由があります。

北野天満宮主祭神菅原道真公(菅公)ですが、始まりは菅公の怨霊を鎮魂するために造られた神社です。
怨霊は祀られることで、御霊に変わり人々を守ってくれます。牛たちが臥しているのは、牛たちが動き出すと、菅公の御霊も共に動きだしかねないため、「鎮座していてください。決して怨霊に戻らないで。」という人々の祈りなのです。そして、菅公が怨霊に戻り、牛の尻をたたき、動かそうとしないように菅公の方に頭を向けて置いてあります。

 

平安京を襲った菅公の怨霊

菅公は幼時から学才を発揮し順調に出世します。33歳で文章博士となり宇多天皇に寵愛され昌泰2(899)年には従二位右大臣になります。これは学者の家柄としては異例の出世であったため、反勢力側の左大臣藤原時平の誹謗中傷によって陥れられ太宰府に配流となります。

菅公は流されて2年後に失意の中、死去します。しばらくして、都では天地異変や疫病等が相次いで起こります。菅公を苦しめた時平と、その周りの公卿たちが次々と死んでいきました。さらに清涼殿に雷が落ち、その3か月後には醍醐天皇も亡くなります。

都の人々は、これらを菅公の怨霊の復讐と恐れます。事態を収束させるため、時平の弟である藤原忠平は、菅公の怨霊を北野の地に祀ります。怨霊のタタリによって没落した兄とは逆に、怨霊を祀ることによって御霊とし、藤原家の守護神にしてしまったのです。これにより藤原家は安泰となり、彼の子孫は繁栄しました。

 

f:id:kouhei-s:20181020194641j:plain

 

菅公の神使いはなぜ牛だったのか

天満宮の祭神である菅公の神使いとして、なぜ牛が選ばれたか?については様々な説があります。菅公の危機を白牛が救ったという伝説が、やはり一番違和感がなく落ち着く説ではないでしょうか。

菅公が北山でキノコ狩りの宴を催した時に、どこからかともなく小牛が宴席近くに寄ってきて、頭を垂れていかにも菅公を慕う様子でした。菅公は大変喜んで小牛を館に連れて帰り、可愛がり共に暮らしました。ですが、しばらくして小牛は突然姿を消してしまいます。

時は流れて、菅公は太宰府に配流される時、大坂の道明寺にいる叔母に別れを告げに行きます。その途中、時平の命を受けた刺客が後を追って来て、斬りかかってきます。まさにその時、松原の中から荒れ狂った白牛が飛び出し、刺客の腹を突き刺します。間一髪で助かった菅公がよく見ると、立派に育った、北山で出会い、共に暮らしたあの時の牛だったのです。